精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

アクセラレート
このカードをプレイするのに十分なPPがなく、自分の残りのPPがアクセラレートの値以上なら働く。
コストがアクセラレートの値で、
アクセラレート能力のみを持つスペルとしてプレイする。

第9段蒼空の騎士で追加されたキーワード能力。
要するにエンハンスの逆。
一見すると、エンハンスとの違いがよくわからない。というか、「それぞれのコストと効果逆にすればエンハンスでも全く同じカードになるから、わざわざ新しいキーワード能力追加しなくてもいいんじゃないの?」と思わなくもない。

しかし、アックスプリンセス高潔なる大臣のような効果に対しては扱いが変わる他、エンハンスは「効果を追加する」のに対し、アクセラレートは「スペルに変換する」という違いがある。
どう変わるかというと、主にウィッチにおいてスペルブーストの材料にできる、という点が大きな差。また、あくまで「スペルとして使いスペルとして墓場に行く」ので、リアニメイトの対象にならない。
他には、開闢の予言者の直接召喚条件に関わる。例えば「元のコスト5、エンハンス8」をエンハンスで使ってもコスト5のカードを使用しただけと判定されるが、「元のコスト8、アクセラレート5」だとアクセラレートで使うと5コスト、元のコストで使うと8コストになる。

本体のコスト未満のppの時のみ使用が出来るため、鳳凰の庭園が3枚置かれた状態で残りppが1の時に高潔なる騎士・レイサムなどをプレイしてもアクセラレートは発動せず、本体が召喚されるだけである。
これは盤面が埋まっている時にも適用されるため、残りppが10で盤面が埋まっている時にジライヤをプレイしようとしてもアクセラレートは発動しない。
残りppが7以上の時に盤面を土5枚で埋めたらオリハルコンゴーレムは使用出来ないので気をつけよう。

また、サタンの眼光沈黙の絶傑・ルルナイでアクセラレート時のコストを上げることはできない。

なお、アクセラレート効果を持つカードに対してコスト減効果を適用し、元コストをアクセラレートコスト未満に下げたとき、手札の状態はアクセラレートコストで表示される。
この状態からプレイしてもちゃんと下がったPPでプレイできるので安心してほしい。というかバグじゃねぇのかこれ?
一応設定の「エンハンスとアクセラレートの補足情報を表示する」をONにすれば下がった本体のPPを見ることができるので、気になるようなら設定を弄ろう。
例)
鳳凰の庭園×3が場にあるとき、手札の高潔なる騎士・レイサムは2コストとして表示される。
しかし実際にプレイすると1コストでレイサム本人が出ていく。

主なアクセラレートを持つカード

レジェンダリーマジックミサイル。アクセラレート2で相手の顔かフォロワーに1点を与えつつ魔女の大釜を出す。
アクセラレートはスペル扱いされるので魔術の始祖・マナリアを出せば更にダメージを増やすことができ、バーン役としてマナリアバーンウィッチなどに採用される。
アクセラレート1で盤面の土を全て使い、クレイゴーレムを出したり真理の術式を作ったり2点を顔に飛ばしたりする。
本体はラストワードで土を2枚出しながら帰ってくることができ、更にデメリットとして帰りしなの本体のコストは上がるもののアクセラレートで撃てば関係ない。
前述の通りこの効果によるダメージもマナリアで伸びるためヴェスパーと同じくバーンウィッチに採用される。
アクセラレート2で自分の顔に1点と相手のフォロワーに3点を飛ばす。要するに絡み付く鎖の下位互換。
但し闇喰らいヴァンプにとっては貴重な低コストで自傷を稼ぎつつ盤面処理ができるカードであり、鎖がローテーションから消えた今は前にも増してこのアクセラレートの価値が上がっている。
アクセラレートが本体。
アクセラレート3で、まず手札からコスト3以下のネメシスフォロワーを出し、それに突進を持たせ、さらに自分のリーダーに攻撃するたび相手の顔に1点飛ばす能力をプレゼントする。
手札の消費は多いが、出せば永続的に顔を削っていける効果。さらにこれは重複するため、複数回シルヴァのアクセラレートを使えば相手の顔はみるみるうちに削れていく。
その凶悪な性能でBOS後期の人形ネメシスの核となり大暴れしていたが、復讐の人形遣い・ノア立ち上がりし鋼の戦士・シロウがお縄にかかり人形ネメシスが下火になったことで以前ほど頻繁には見かけなくなった。
アクセラレート2でナイトを2体出す。眷属の召喚のほぼ相互互換。
レイサム本体は8コストもあるが、この効果のおかげで序盤に引いても腐らず働いてくれるため優秀。
アクセラレート2でポセイドンの兵士1体を出す。要するにスネークプリースト
こちらもレイサム同様8という本体のコストの高さからくる動きにくさをアクセラレートで克服している。
アクセラレート3でコキュートスカード4枚をデッキに突っ込む。
本体のファンファーレと違い早期から撃てること、元々のデッキを消さずに混ぜることがミソで、例えば前者はスペブしつつフィニッシャーを用意できることからスペルブーストウィッチで、後者はアーティファクトネメシスにおけるデウスエクスマキナのドロー効果とのシナジーで活躍している。
アクセラレート1で自分のアミュレット1つのカウントダウンを1進める。
主な用途はセラフビショップ。1という軽いコストでアミュレットを進めることができるためとても相性がよい。
他には本体の性能が買われてミッドレンジビショップに採用されることもあり、その場合でも手札でダブついたらアクセラレートで出てくることもままある。
アクセラレート1で1枚ドローし、自身を10コストにしてデッキに加える。
本体は11コストと素のままではプレイすることすらままならないが、このアクセラレートを介して再度デッキから引くことで10コストになりプレイ可能になる。
1コストで手札交換ができスペル扱いでもあることからリントヴルムドラゴンに採用される。
但しアクセラレートを使わずとも、テールスイング終戦のドラグーンなどコストを下げるカードを使えばわざわざアクセラレートを経由する必要は無くなる。
最近ではドローしつつデッキに戻ることができることからサタンドラゴンでも採用例が見られるようだ。
アクセラレート10で1枚ドローし、自身をデッキに戻して、PPを9回復。
実質10PP以降にのみ使える1コストドローということになる。
ゾーイのアクセラレートと似たような効果だが、こちらで注目すべきなのは自身のアクセラレート10によって本体の直接召喚条件の1つを満たせる点。
更にアクセラレートを使えば自分からデッキに戻ってくれるので、手札に来てしまっても神秘の指輪でわざわざ戻す必要は無い。
但し大事なのがアクセラレートは10PPでないと撃てない点と、本体は素のままだとプレイすらできない点。
開闢が全部手札に来てしまったら最後、絶対に10ターン目までに開闢を出せなくなる上、10PPまで何の仕事もしない邪魔なカードと化してしまう。

このページへのコメント

扱いだけじゃなく効果もスペル基準になってるので単に逆にしてエンハンスでいいケースなんか稀だと思うんですがそれは

1
Posted by  piyurakonoyarou piyurakonoyarou 2019年01月20日(日) 03:26:58 返信数(2) 返信

こいつ色んなページで的はずれなこといってる奴やからほっといてええで
句点粘着ニキや

0
Posted by 名無し(ID:1jFkXBGCdg) 2019年01月20日(日) 03:28:50

真実の狂信者とかゾンパだけどな

1
Posted by 名無し(ID:eQklIXJhUg) 2019年01月20日(日) 07:39:54

開闢以外はエンハンスでいいよね。キーワード作りのため苦肉の策だろう。それでも今後エンハンスとの違いをもっと活かすことになるのであれば意味が出てくる

0
Posted by 名無し(ID:6HUhBdCt5g) 2019年01月20日(日) 02:40:56 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
現在wikiのメンバー募集はしてません
というか編集自由にしてるからメンバーになるメリットがないです
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ