精神削ってまでランクマしなくていいから・・・



さぁ、飛ぶわよ!


概要

スペブウィッチはウィッチのクラス特性であるスペルブースト(以下スペブ)を持つカードを利用したデッキタイプのこと。【スペルウィッチ】とも。
スペブによってコストが下がる高コストカードをフィニッシャーに据えたものが多い。
大抵対処し難い展開を作るため、環境に出るたび毎回ヘイトを稼いでいるデッキタイプでもある。

長所

単純に強力なカードのコストが下がると言うのは、それだけで破格の強さを持っていると言える。前述したようにスペブはウィッチのクラス特性なのでサポートがかなり手厚く0~1コストまで下がることもザラ。そして0コスまで下げたスペルを打ってまた次のカードのコストを下げる。
また、ニュートラルのスペルでもスペブは稼げるためニュートラルの強力なスペルを採用しやすいのもポイント。大抵ウィッチのスペルの方が強いが。
更に言えばスペル等を駆使して相手の猛攻を凌いでいたら溜まっていた、くらいの扱いやすさも長所と言えるかもしれない。

短所

スペルブーストするカードと、スペルブーストされるカード同時に手札に引き込まないといけないのが最大のウィークポイント。次元の超越炎の握撃を手札に抱え込んだまま殺されたウィッチは多い。
逆に低コストスペルばかり引き込んでしまい為す術もなく死んでいくウィッチも多い。要はドローが多いとは言え安定しないことが多々ある。
また、スペブを貯めてから動き出す関係上やはり中低速くらいに落ち着きがち、かつライフ回復は薄めなのでアグロ環境だと辛いかも。

デッキ分類

スペル軸のウィッチデッキは、そのフィニッシュプランで大きく「(疑似的な)特殊勝利」・「多面展開・疾走によるビートダウン」・「両者の複合型」に大きく分けられる。
さらにその中でも時期によっていくつかの型に分かれる。採用カードを挙げる前に軽く書いておく。

特殊勝利

超越ウィッチ

ギガキマ型

ビートダウン

ドロシー型

疾走型

ソロモン型

式神ウィッチ

ハイブリッド型

上述した【ドロシーウィッチ】【クオンウィッチ】等に次元の超越まで投入したデッキタイプ。次元の超越がクラシックカードである都合上、その戦場は基本アンリミテッドに限られる。

超越ドロシー型

超越クオン型

採用カード

メインカード

次元の超越類を見ないほど超強力な効果を持つカード。追加ターンを得られるカードはこれが最初で最後だろう。今でこそアンリミでは少し鳴りを潜めているが、このカードを嫌う人は多い。
次元の魔女・ドロシー豪快な手札補充と豪快なスペルブーストを持つ。ドロシーでドロシーをドローシてくるのは宇宙ムーブだが大抵素引きで何枚も重なる。なお次元の超越に描かれているのもこいつ。
ギガントキマイラスペブウィッチでは珍しくコストは下がらないカード。場合によっては超越以上にスペブを貯めないといけないので早めに引きたいがコストは減らないので何枚も引くと辛い。
魔術の王・ソロモン指輪経由でフォロワーをタダで呼んでくれるすごい人。だがソロモン自体もスペブしたいしトークンもスペブしたいためギガキマ同様早めに手に引き込みたいカードである。
陰陽の開祖・クオン文言世界の代表者。1枚で4面展開した挙句、一部式神に疾走を与えるやべーやつ…だが単体で即座に出せる点数は進化を入れても6点なので過信しすぎない。多分生えてる。

主なスペブ持ちカード

運命の導き言わずと知れた0コス2ドロー。実質強欲な壺である。スペルなので他のスペブを貯めることもできる最重要カード。実際には3ターン目に3コスで打つことも多い。
ウィンドブラストたった2コストで大型フォロワーを打ち取ることもできる強スペル。最近は対象に取られないとかスペブ速度以上にでかいフォロワーとかいるからちょっと影が薄い。
炎の握撃ウィンドブラストの上位互換…のように見えるがダメカに強く破壊無効に弱いなど対応範囲が違うので割と両採用もありうる。最大の優位点はコストが下がるスペルということ。
カオスウィザード生きた運命の導き。進化権を吐けばフォロワーなのにスペブもできる。盤面も取れるので色々便利なおじさん。
クラシカルソーサラー式神に守護を付与してくれるお姉さん。当然コストが減る。一緒に出てくる式神がラストワードでスペブしてくれるので嬉しいかわいい。過酷溢れるアンリミではかなり重要。
鬼呼びの導師式神に突進を付与してくれるお兄さん。当然コスト(ry)一緒に(ry)なおクラシカルソーサラーは守護付与するとき喋るのに、こっちはなぜか喋らない。なんで?
刃の魔術師6/2/2疾走。スペブ:コスト-1 シンプル、故に最強。
真実の狂信者刃の魔術師を大型化したようなカード。体力5というのがかなり嬉しい。見た目もボイスも結構好きです。

その他採用カード

知恵の光スペブウィッチ採用率100%のカード。こいつがあるからこそデッキが回る。なんでベーシックなん?
エンジェルスナイプシンプル故に使いやすい軽量除去。最近は枠が厳しく少なくなりつつある。と思う。
マナリアの知識アンリミで制限に追い込まれたパワーカード。このカード1枚で3ターン目の運命の導きが安定して打てるのでデッキの安定度に大きく貢献している。出てくるカードも強い。
マジックミサイル知恵の光+エンジェルスナイプ。手札を減らさずに体力1を倒せるのは嬉しい。どれだけローテが回っても使える、というのも利点。
虹の輝き対アグロ用カード。時間とスペブを稼いで手札も減らさない優秀な奴だが割とケアされがちなのでたくさん引くと悲しくなることも。
式神の使役式神を1枚出すスペル 。前述の通り式神のラストワードがスペルブーストする、なので実質1枚で2回スペブできる。クオン後に出して追加打点として扱うこともできる。
小さな優等生・キョウカ性能もりもりプリンセスコネクト衝撃のリトルリリカル。要らない能力が一つもない。マジックオウルと違い進化権が切れてもスペブできるのも嬉しい。
未知の求道者・クラークもっぱらアクセラで使って1枚で2回スペルを打てるカードとして扱われる。さらに手札も減らさないためとても優秀。10ターン目以降は何かコスト払って使わないと本体出しちゃうから気をつけよう!

環境の変遷

最初期から存在していたデッキタイプで、浮き沈みが激しくどの環境の時にどのタイプがいたのか、どういう立ち位置だったのかが正確にわからないため空白にしておく。
追記よろしくお願いします。ゲーム環境の変遷を見る限りCLC~ROB,SFL~CGS,BOS,STR,UCL~WUPくらい?

STD期

DRK期

ROB期

SFL期

OOT期

ALT期

STR期

UCL期

WUP期

FOH期

余談

他のデッキタイプ以上に先ドローが重要となるので絶対に忘れないようにしよう。

関連項目

このページへのコメント

アンリミでも最近増えてきた
最古の時代から現役まで使い続けられている数少ないデッキ

3
Posted by 名無し(ID:V039Gjniug) 2020年08月24日(月) 18:55:04 返信

マナリアの知識でさえ1枚制限になってるのをみると
アニメに出てきた華麗なる美食とゲテモノ料理がそのままゲームでスペブウィッチに使えたら
どれだけ壊れてくれるのかたいへん楽しみです

1
Posted by 名無し(ID:KazaZCMN3g) 2020年08月24日(月) 15:40:50 返信

超越マンモスドロシーについて追記しましたが、書く場所があの位置で合っているかは微妙なところ。
ただ、やっぱり言及しておきたいデッキではある。

3
Posted by  boc1211 boc1211 2020年08月11日(火) 09:12:59 返信

ローテーションの話ですが分かる限りのスペブウィッチの変遷を書きました。
他にも書けることがあったりこれなんか違くない?みたいなのがあったら追記修正お願いします

1
Posted by  waninosikiwomirumono waninosikiwomirumono 2020年08月10日(月) 20:43:44 返信

ソロモン好き

1
Posted by  super_penetration super_penetration 2020年08月10日(月) 19:05:02 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
当wikiはおーぷん2chの「おんJshadowverse部」の身内用wikiとなっており、シャドバに関係しない記事も多くある点をご了承ください。
なにか疑問、不満などがあれば『その他→wiki管理人へ連絡』から御気軽にどうぞ
コメントが書き込めるようになった?きのこの山でも食ってろ