精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

リントヴルム
コスト10フォロワー
クラスドラゴン
タイプ-
レアリティレジェンド
パック起源の光、終焉の闇
CV-
進化前
攻撃力10体力10
・聖竜・リントヴルム
・邪竜・リントヴルム
手札にあるとき、自分の残りPPが10で、自分がフォロワー以外のカードをこのバトル中に10枚以上プレイしていたならチョイスしたカードとしてプレイする。
進化後
攻撃力12体力12
効果なし

聖竜・リントヴルム
コスト10フォロワー
クラスドラゴン
タイプ-
レアリティレジェンド
パック起源の光、終焉の闇
CV-
進化前
攻撃力10体力10
自分のターン終了時、自分のリーダーを5回復して、カードを5枚引く。
進化後
攻撃力12体力12
自分のターン終了時、自分のリーダーを5回復して、カードを5枚引く。

邪竜・リントヴルム
コスト10フォロワー
クラスドラゴン
タイプ-
レアリティレジェンド
パック起源の光、終焉の闇
CV-
進化前
攻撃力10体力10
疾走 このフォロワーは守護を無視してリーダーを攻撃できる。 このフォロワーは、フォロワーを攻撃不能。
進化後
攻撃力12体力12
疾走 このフォロワーは守護を無視してリーダーを攻撃できる。 このフォロワーは、フォロワーを攻撃不能。

概要

カードパック第8弾の起源の光、終焉の闇で登場したドラゴンのレジェンドカードの1つ。
「フォロワー以外のカードを10枚以上プレイする」という条件は難しいものの、守護を無視できる10点疾走など得られるリターンはとても大きいものになっている。
リントヴルムの効果を活かすためには通常のスペルやアミュレットの他、スペルやアミュレットを得られる効果のあるフォロワーを多く使う必要があるので、デッキにもそれらのカードを意識して入れるようにしよう。
また、ゾーイやアドラメレクなどのアクセラレートはスペル扱いとなるためリントヴルムと非常に相性が良い。

邪竜・リントヴルム

10/10という強力なスタッツに疾走を兼ね備え、守護を無視して顔を殴ることができる。
リントヴルムデッキにおけるフィニッシャーであり、大抵はこちらをチョイスすることになる。
また、アクセラレート後のゾーイで顔殴り→1ターン無敵→次のターンにリントヴルムで顔殴りというムーブは通称ゾーイリントと呼ばれ、進化なしですら16点、両方を進化させればそれだけで20点ダメージを叩き出せるので積極的に狙っていきたい。

聖竜・リントヴルム

ターン終了時に自分のリーダーへの5点回復と5枚ドローをすることができる。
ゾーイリントを狙う相手に対するカウンターとして使ったり、積極的に顔を殴ってくる相手へのリーサル遅延としての使い方がメインとなる。
自前のドロー効果によって2枚目以降のリントヴルムも確保しやすいので、状況によっては十分にチョイスする価値のあるカードである。

余談

リントヴルムとはドイツ語で「翼のあるドラゴン」という意味である。
その名の通りドイツではワニのように尖った口に鋭い牙、鷲の前脚とライオンの後脚を持ち、背中に生えた翼で自由に空を飛ぶドラゴンであるとされているが、「ニーベルンゲンの歌」のリントヴルムのように蛇のような姿をしている例もある。
また、空を飛ぶ速度が非常に速いため、かつては稲光や流れ星といった現象は飛んでいるリントヴルムであると考えられていたようだ。
他にも中世以降のヨーロッパでは紋章としても使われており、「雄々しさ」「敵に対する容赦のなさ」を表している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
荒らしが沸いた場合スレに湧いたページとIDを書き込みメンバーに対処してもらってください
悪質な場合は管理人が動きます
メンバーの募集は現在行っておりませんが、どうしてもという場合はスレにその理由とIDを貼ってください
ランクなどを加味した上で申請の認可を行います