精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


ウ ン チ ー コ ン グ って知ってる?

え?知らない?じゃあホ ワ イ ト ヴ ァ ナ ラって知ってる?






ホワイトヴァナラ
コスト6フォロワー
クラスエルフ
レアリティレジェンド
パック起源の光、終焉の闇
CV
進化前
攻撃力5体力5
守護 自分のターン中、このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、このフォロワーは進化する。
進化後
攻撃力5体力5
守護 疾走

概要

第8弾で実装されたエルフのレジェンドフォロワー。バフを受けると進化し、疾走を得る。疾走を得る効果は進化後の効果なので単に進化権を使うだけでも疾走を得る。
一見進化条件が軽く見えるので、前評価ではぶっ壊れ扱いされていた。しかし、エルフのバフは大体ターン終了時に付与するものが多く、このカードの疾走を活かすカードは少なかった。静かなる炎将・マーズのようなシステムバフがエルフにはほとんどない*1というのもあり、バフするにはこのカード以外にもカードを使用する必要があり、6ターン目に走ることはできなかった。というより、バフカードが都合よく手札にないとただの守護にしかならないカードであった。進化権を使って疾走を得るにしてもそれよりも便利なジャングルの守護者?というとんでもないぶっ壊れがエルフにはいたのでほとんど使われることはなかった。
以上の問題点により、このカードがまさかぶっ壊れになる事はない…と、そう思っていた部員も多かった。

だが奴は…弾けた。
絢爛の紡ぎ手・コルワ
コスト5フォロワー
進化前
攻撃力4体力4
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン開始時、フィル1枚を手札に加える。直前の相手ターンに自分のリーダーが、受けた合計ダメージが4以上なら、1枚ではなく2枚手札に加える」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
エンハンス8;フィル3枚を手札に加え、自分のPPを3回復。
進化後
攻撃力6体力6
効果なし。
フィル
コスト1スペル
自分のフォロワー1体を+0/+1する。
自分がこのバトル中にプレイしたフィルが(このカードを含めず)4枚以上なら、そのフォロワーは「1ターンに2回攻撃できる」を持つ。

第9弾にまさにヴァナラの救世主絢爛の紡ぎ手・コルワが実装。このカードが生み出すフィルは1マナでバフ効果を持っており、ヴァナラとの相性は最高であった。さらに条件を満たすと二回攻撃を付与するおまけ付き。ヴァナラとフィルによる2連続顔面攻撃10点ダメージコンボはかのレヴィオンセイバー・アルベールを彷彿させ、「猿ベール」と呼ばれるようになった。
ヴァナラ以外にもシャドウバースでは、何かと残念レジェンドが急に大活躍することが多い。
例あげると などが挙げられる。いつどのカードが強くなるか分からないため、レジェンドカードを砕くときは慎重に。

余談

ヴァナラは、インド神話に登場する猿(もしくは熊)の様な姿の種族。「猿の毛皮や尾を持つ人間」を意味する。叙事詩『ラーマーヤナ』において勇敢で好奇心に満ちた性質で描かれる。
『ラーマーヤナ』によれば、ヴァナラ族は主に今の南インドに当たるキシュキンダーに生息していた。ラーマ王子がさらわれた妻シーターを探している途中で彼らと出会う。ヴァナラ達は彼に協力し、シーターの捜索に加わり、シーターをさらったラーヴァナとの戦いにも加勢した。
叙事詩で解説されているヴァナラ族の特徴は愉快で、子供っぽく、適度に腹立たしく、欲しがりで、とても活発で、冒険好き、無愛想に正直、忠実で、勇敢にして親切である。人間の平均より少なくとも30cmは背が低く、体は薄い毛皮に覆われる。体毛は大抵茶色である。
ヴェーダの学問に精通している者も多く、変身の術で人間の姿をとることができる。
よく知られるヴァナラ族にラーマの忠実なる支援者であるハヌマーンがおり、彼以外にもスグリーヴァ、ヴァーリン、アンガダなどが知られる。これら主要なヴァナラはヴィシュヌ神の転生が決まったとき、転生したヴィシュヌ=ラーマ王子を補佐する目的で神々が生み出したとされる。その中でも特にハヌマーンの誕生が特筆されている。

引用:ヴァナラ-wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1...

フレーバーテキスト

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
荒らしが沸いた場合スレに湧いたページとIDを書き込みメンバーに対処してもらってください
悪質な場合は管理人が動きます
メンバーの募集は現在行っておりませんが、どうしてもという場合はスレにその理由とIDを貼ってください
ランクなどを加味した上で申請の認可を行います